Return to site

【しらゆきさとこの生まれた畑を訪問!】

こんにちは!めぐるめです。
富山訪問記第7弾の今回は、訪問中に泊めていただいた里芋農家さん家のことについてです!

南砺市の田畑を車ではしり、着いた先にはめぐるめ総勢10名を快く迎えてくださった里芋農家の杉森さんがいらっしゃいました!

3年生は初めて杉森さんにお会いする機会でもあり緊張していましたが、事前に聞いていたとおりハツラツとして本当にあたたかい方でした!

到着日の午前中は、畑を案内してもらうことに!
まっすぐに植えられた穂が美しい田んぼや、南砺の里芋、夏野菜を中心とした畑を見学させていただきました。

里芋は畑の区画ごとに肥料の量や種類、畝の数、土にかけるマルチという黒いビニールの有無を変えて育てられており、おいしい里芋を作るため日々試行錯誤を続けていらっしゃることが伝わってきます。
これがしらゆきさとこペーストの原料になっている、"南砺の里芋"のおいしさの秘密なのですね、、!

お昼にはとれたての夏野菜の天ぷらと富山県砺波市に伝わる大門素麺をいただきました!

みんなで麦わら帽子をかぶって畑にでる、そんな普段はなかなか味わうことのできない経験に心が安らぎました、、!

杉森さんが育ててくださった野菜を自分たちで収穫してその場で食べる、私たち自身も消費者と生産者が繋がった瞬間を実感できる機会だったように思います!

都会に住んでる人も富山で自然に囲まれた生活を体験できる"帰農塾"!杉森さんも加盟されてます!よかったらのぞいてみてください♪
http://gt-toyama.net/experience/juku

牛島利明研究会
亀村 美波

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly