Return to site

秋の南砺市フィールドワーク

「城端スイーツめぐり」

今回は2014年10月に行った、第2回南砺市フィールドワークについて紹介します!

さて、やっとのことで決まった“南砺の里芋を使った和スイーツ”の商品開発。

でも「南砺の和菓子屋って何軒あるの?」「実際、何を売って、誰に買ってもらっているの?」

和菓子屋について何も分からない...そんなことで利賀の山祭りのボランティア中に、有名どころ聞き取り。翌日、南砺市城端のまちに赴きました。

まず行ったのは“なやかふぇ”というお店。地元野菜を使ったスイーツを提供しているお店です。実際にたくさんの野菜スイーツがありました(私もスムージーを頂きました!)

ここでお会いしたオーナーの山瀬さんと談話。山瀬さんは元市議会議員さんで商品開発についてはもちろん、“地域活性”ということについてもお話させて頂きました!

続いては城端の街の和菓子屋めぐり。田村萬盛堂さん・井波屋さんなど5軒訪れました。
城端はお寺を中心として栄え、和菓子屋が多くあります。
現在は地元住民向けの和菓子に限らず、観光向けの洋菓子にも各店取り組んでおり、思っていた和菓子屋とは少し違った印象を受けました。

田村萬盛堂さんでは、「なんと!ん米ロール」という洋菓子でも有名で、また現在は里芋を使った新しい商品を考案中だとか...

“百聞は一見に如かず”。

実際に行くことで、今まで知らず、考えもしなかった新たな課題も生まれてきました。いやぁー南砺は深いですね。笑。まだまだ知らない南砺をどんどん開拓していこうと思います!

以上、第二回南砺フィールドワークをお送りしました!

13期 長村
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly